地域の特色【小美玉市って?】

HOME > 地域の特色【小美玉市って?】

  • 茨城って?
  • 小美玉市って?
  • 与沢って?

地域の特色【小美玉市って?】

4、空の駅 そ・ら・ら 完成

2014年7月31日、茨城空港から徒歩5分のところに、
道の駅ならぬ「空の駅」が誕生しました。












肥沃な土壌と広大な関東平野という恵まれた自然環境の中、
ここ小美玉市とは植木生産に適した地域というのもさることながら、農業、酪農はもちろんのこと、
霞ヶ浦からの恩恵を受けた水産業も営まれている「おいしい食の天国」なのです。
野菜や果物などの直売所、地産地消をコンセプトにしたビュッフェスタイルのレストランも人気です。












乳製品加工施設も隣接されており、ヨーグルトハウス(工場直売所)では、
工場で製造されたできたてホヤホヤの商品が購入できます。
フリーマーケットなど週末のイベントも目白押しです!
みなさま是非遊びに来て下さい!

 

3、あれから1年・・・

去年、新しい幼稚園ができました。
その時に移植のお手伝いさせてもらったサルスベリ。
今年も元気に芽吹きました。
あと、今日移植したツバキです。
綺麗な花を咲かせて、みんなに喜んでもらえますように!

2、茨城空港ついにオープン

3月11日何の日だかわかりますか?・・・そうです、ついに茨城空港オープンです。
車で5分で行けちゃいます。いやー、便利になりましたねぇ。
「あらやだ、キムチ買い忘れちゃったわ」なんて時でも、ちょっと足を伸ばせば本場のキムチを買いに行けるようになっちゃいました。本当に交通の便が良くなって大助かりです。
4月からは神戸便の就航も始まり、更に戸口が大きくなりました。
ソウルのみんなも神戸のみんなも集まれ、小美玉に!!
余談ですが僕はたいてい外で仕事しているから、旅客機を見たら思いっきり手を振っています。
もし茨城空港から飛行機に乗ったらみんなも手を振ってね~♪(ちなみに当社圃場は離陸直後に見えるはず)
飛行機と言えば・・・更に余談ですが。前にスペインのマドリッドから飛行機で大西洋を渡ってキューバのハバナに行きました。
その時の飛行機は面白かった・・・!まず、機内でおとなしく座ってる人なんかごくわずか。8割の客(多分スペイン人やキューバ人等ラテン系の皆様)は飲み物片手にずーーーっと立っておしゃべり。あちこちから笑い声なんかがしきりに聞こえてくる。寝る時間になると機内が暗くなったりするんだけどまるでお構いなし、寝る人なんてほとんどいません。
まーうるさいことうるさいこと。でもその雰囲気は最高に楽しかった。ちょっとした居酒屋みたいな賑わいでした。
そして圧巻だったのは着陸時。その時ばかりはさすがに陽気なセニョールも妖艶なセニョリータも機長の指示通りしっかりシートベルトを締めて固唾を飲んで着席。
そして無事着陸した時には割れんばかりの拍手と大歓声!!
「ヒューーー♪」「グッドジョブ、パイロット!!」
なんて叫ぶ人もいました。さすがラテン系のノリ、こっちは鳥肌が立ちました。みなさん、この習慣はとっても良いと思いませんか?すごく良い光景でした。いい思い出です。
ほとんど余談になってしまいましたが、空港事業の長期的な成功をお祈りしております。

1、限りない可能性を秘めているのです・・・

小川町と美野里町と玉里村が合併して誕生した新しい市です。
おみたま市ってよびます。(ふりかけじゃない)
ちなみに当社は旧小川町に位置します。
おみたまプリンって知っていますか?
とっても高級なプリンだそうですよ。まだ食べたことないです。
おみたまプリン1個の値段で普通のプリンを何回プッチンできるか分かりません。

最近の大きな出来事は近々、市に空港ができること。
2010年の3月開港予定です。
着々と工事が進んでおりますが、残念ながら当社への植栽の注文はございませんでした(泣)。
せっかく騒音に強い木を育てていたのに・・・。
毎日韓国便が就航するようなので、何か新しい経済が生まれないかと期待しております。
かく言う私もこの一事業に便乗して何か出来ないものかと日々もんもんと考え、時をすごしております。
とにかく空港化以降については、世界同時不況という向かい風の吹く中、賛否両論ありますが、決まった以上、民官協力し合いより良い環境になるといいですね。
願わくば、世界から人を呼び込める、魅力ある小美玉市になっていただきたい。
そして、世界へ向って何か素晴らしいことを発信していきたい!

  • おみたまプリン

  • 希望ヶ丘公園

  • やすらぎの里小川